インドで取材、撮影、リサーチ、各種申請代行ならミストラルインターナショナル

03-3527-5028

24時間対応OK

インドの世界遺産④カジランガ国立公園

HOME > ミストラルインターナショナルメディア > インドの世界遺産④カジランガ国立公園
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジア地域で最も世界遺産の数が多い国、インド。
これからこちらのブログでは、インドにある世界遺産を日替わりで全てご紹介します!

カジランガ国立公園 / Kaziranga National Park
(1985年 自然遺産登録)アッサム州中央部

世界自然遺産である、カジランガ国立公園はインドの北東部アッサム州に位置している国立公園です。2005年に、開園100年を迎えた歴史のある国立公園であり、1985年に世界遺産に登録されました。

敷地内には、森林や湿地帯が広がり、4本の川や池もある自然豊かな公園。20世紀初頭から野生の動物の保護にも力を入れ、特にトラの生息数が多くなっています。他にも絶滅危惧種の哺乳類や哺乳類、鳥類なども多く生息し、様々な動物たちが見られます。

カジランガ国立公園とは?

世界遺産カジランガ国立公園は、マナス野生動物保護区と同じインドのアッサム州にあります。ヒマラヤ山脈の麓にあり、アッサムティーの産地としても有名。
公園の面積は、石川県の輪島市と同じ位で北側には、広大なブラマプトラ川が流れます。

カジランガ国立公園には、30種類以上の哺乳類が生息し、体長3m~4mものインドサイは1800頭以上確認され、最大の生息地。他にもアジアスイギュウやアジアゾウ、ウシ科のガウルなどがいます。また野鳥生息地としても重要な場所になっており、メジロガモやカラフトアオアシシギ、カタシロワシなどもいるので、バードウォッチングも楽しめますよ。



世界一のインドサイ生息地

インドで最も野生動物の保護に成功していると言われる国立公園。1900年代初めに狩猟により数十頭まで激減していたインドサイは現在2300頭を超えるまでに回復し、ベンガルタイガーの生息数も100頭以上とインド1(2013年調査)。
ブラマプトラとその支流に面する公園は湿地が点在し多くの野鳥、アジアスイギュウ、バラシンガ、アジアゾウなどの野生動物が生息しています。


カジランガ国立公園へのアクセス

インドの北東部に位置するコルカタ(カルカッタ)から国内線に乗り、約1時間ほどでアッサム州のグワーハーティー国際空港へ到着します。そこから車で約4時間(約209km)です。

日本からコルカタ(カルカッタ)へは直行便がありませんので、インド・デリーから乗り継ぎとなります。デリーから、アッサム州のグワーハーティー国際空港へは国内線で約2時間です。

100年の歴史から生まれる作品

ベンガル語でジールスと呼ばれる湿地帯に出来る池が複数存在しています。2005年には、開園100年を迎え、自然が豊かであることから、複数の書物、歌、ドキュメンタリーが多く作成されています。

さらに詳しく知りたい方、撮影に関するご相談はコチラ
24時間対応OK
TEL:03-3527-5028
お問い合わせフォーム
HP:http://mistral-asia.com/
 
#インド人コーディネーター
#インド撮影
#インドでCM制作
#インドで映画製作
#インドロケ
#インドのメディアコーディネーター
#インド取材
#デリロケ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3527-5028

受付 / 24時間対応OK

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

copyright©2017 SPICE KONNECTION INC all rights reserved.

各種クレジットカードでのお支払いも可能です。お気軽にお申し付けください。

各種クレジットカードでのお支払いも可能です