インドで取材、撮影、リサーチ、各種申請代行ならミストラルインターナショナル

03-3527-5028

24時間対応OK

インドの世界遺産⑫マナス野生生物保護区

HOME > ミストラルインターナショナルメディア > インドの世界遺産⑫マナス野生生物保護区
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジア地域で最も世界遺産の数が多い国、インド。
これからこちらのブログでは、インドにある世界遺産を日替わりで全てご紹介します!

マナス野生生物保護区 / Manas Wildlife Sanctuary

(1985年 自然遺産登録)

北東インドの中心とも言える、インドの北東部に広がるアッサム州。
西側にはバングラデシュ、北側にはブータン王国と隣接した場所にあります。
モンスーンの時期には、大量の雨が降り、緑が生い茂る自然豊かなエリアです。

アッサム州の中でも北部のブータンの国境にほど近い所に、世界遺産マナス野生生物保護区があります。
トラやゾウの保護区としても知られているマナス野生生物保護区は、1982年12月に世界自然遺産に登録をされました。
同じくインドの世界遺産カジランガ国立公園は、マナス野生生物保護区から東に200kmほどの場所にあり、周辺にはたくさんの野生動物が暮らしています。



マナス野生生物保護区とは?

マナス野生生物保護区の名前の由来は、アッサム州を流れる川の一つ、マナス川からきています。
元々は、1928年に指定された、野生に生息する鳥類と哺乳類を対象とした鳥獣保護区でしたが、1973年にはマナストラ保護区が設定されました。
20世紀半ばには総面積がさらに広がり、熊本市と同じぐらいの面積になり、1985年1にユネスコの世界遺産リストに登録されます。
その5年後には、カヒタマ森林保護区、コキラバリ森林保護区、パンバリ森林保護区が加えられました。

しかし、1992年にユネスコは密漁の横行や、テロ活動を理由に、マナス野生生物保護区を危機にさらされている世界遺産(危機遺産登録)リストに加えます。
2011年には、マナス野生生物保護区に深刻な被害を与えていた民族紛争が解決し、状態が回復しているということで、危機遺産登録から除外されました。

概要と撮影シーズン

インドの撮影シーズンは、乾期になる10月~3月です。
平均気温もぐっと下がり、過ごしやすくなります。
マナス野生生物保護区は、11月~4月は毎日開園ですが、5月と10月は状況により開園、その他の月は雨季のため休園です。
11月~2月はバードウォッチングに最適で、2月~4月には哺乳類に遭遇できる確率が少し高くなります。


----------
開園期間:(11月~4月)毎日 (5月・10月)状況により開園
休園期間:雨季(6月~9月)

料金:
入園料 250INR(外国人料金)、ジープ・サファリ車両通行料 300INR
カメラ持込料 300INR 
ビデオカメラ持込料 1000INR
----------

マナス国立公園の盛衰


インドの北部、一部ブータンに位置するマナス国立公園は、インドの最も重要な自然保護区の1つです。
アジアゾウ、イッカクサイ、ゴールデンラングール、ゴールデンキャット、アラゲウサギ、バラシンガジカ、ガウル、ウンピョウなど、インドの1972年野生生物(保護)法の表1に記載された21種が公園の草原生態系で生息しています。

しかし、1980年代から1990年代初頭の民族紛争中、地域の野生生物は打撃を受けました。
わずか10年ほどで地域は100頭のサイのほぼすべて、多くのバラシンジカや水牛、多数のゾウやトラを失いました。

地域の安定化を待って、IFAWはインド野生生物トラスト(WTI)やアッサム州森林局と協力して公園の野生生物を増やし、世界で最も優れた自然保護区の1つとして再建されました。

紛争が治まると、IFAWは提携するインド野生生物トラスト(WTI)やアッサム州森林局と協力して、サイやゾウなどの野生生物を公園に戻し始めました。
これまでのところ、2011年の5頭のゾウの群れを含めて、11頭のゾウと6頭のサイがマナスに解放されました。



親をなくしたこの動物たちが自然に戻れる状態になるまで、カジランガの近くにあるIFAW野生生物救援センターで世話をされました。
カジランガには大勢のの人間が住んでおり、ゾウをそこで解放するのは不適切なのです。
この子供たちは密猟で母親をなくしたか、人間との衝突や洪水などの自然災害によって群れから引き離されていました。

マナスでは、この世界遺産の地で野生生物が再び安全に生息できるように、IFAWは地域社会と協力して密猟防止の取り組みを推進し、レンジャーを訓練・配備しています。


以上、野生動物や環境の保護を目的とした世界遺産マナス野生生物保護区をご紹介しました。
インドの特有のトラや大きなインドゾウ、そして可愛らしいカワウソやカラフルな鳥たちなどが多く生息しています。

日本からコルカタへの直行便はないため、インドのデリーから乗り継ぎになります。
デリーから、アッサム州のグワーハーティー国際空港へは国内線で約2時間。
そこから車で約3時間かかります。

 

さらに詳しく知りたい方、撮影に関するご相談はコチラ
24時間対応OK
TEL:03-3527-5028
お問い合わせフォーム
HP:http://mistral-asia.com/
 
#インド人コーディネーター
#インド撮影
#インドでCM制作
#インドで映画製作
#インドロケ
#インドのメディアコーディネーター
#インド取材
#デリロケ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3527-5028

受付 / 24時間対応OK

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

copyright©2017 SPICE KONNECTION INC all rights reserved.

各種クレジットカードでのお支払いも可能です。お気軽にお申し付けください。

各種クレジットカードでのお支払いも可能です